夏の大遠征2017番外編(山に登る42)

さてそれでは白山登山のお話をば

去年9月に思い立って山登りを始めて1年

大文字山から少しずつ標高の高い山にステップアップしてきたのはこのブログをずっと見ていただければお分かりになるかと思います

今年の初めに夏に白山に登ろうと決め、以来6カ月あまり、自分なりに考えて少しずつ準備を進めてきました

なにせ、常に単独で行動をしていますので、慎重の上にも慎重を重ねないといけません

これが、どこかのグループやツアーに参加すればもっと簡単に富士山やアルプスの3000級の山にも行けるとは思うんですが、そこはやっぱり単独で行動するのが好きなもので…(苦笑)

白山は標高2700mということで3000mには及びませんが、十分に高山といえる山でありながら初心者にも登りやすそうということで最初の一歩としては最適な山


ということで、8月10日の朝福井市内のホテルを出発して一路白山温泉へ

TZ1080719.jpg
混雑する時期は規制がかかっているのでここからシャトルバスに乗り換え

TZ1080720.jpg
20分ほどで登山口の別当出合へ

TZ1080721.jpg
こちらから登山開始です

TZ1080722.jpg
まずは鳥居をくぐって…

TZ1080723.jpg
この吊り橋を渡ります(ちょっと揺れます)

吊り橋を渡ったところから登山道になりますが、全般的によく整備された道で小学生低学年でも登れます

TZ1080724.jpg
ただし、何箇所かちょっときついところもあり

TZ1080725.jpg
まだまだ先は長い

TZ1080728.jpg
中飯場 トイレがあります

TZ1080730.jpg
向こうの谷筋に…

TZ1080731.jpg
不動滝

TZ1080733.jpg
西側の眺望

TZ1080736.jpg
山頂の方はなにやらガスってるような…

TZ1080740.jpg
荒々しい甚之助谷が見えてきたら

TZ1080741.jpg
甚之助避難小屋 ここで半分ぐらい

TZ1080742.jpg
だんだんガスがかかってきました

TZ1080750.jpg
ここから左の斜面を登ります

TZ1080752.jpg
お花がいっぱい

TZ1080753.jpg
勾配はきつくないんですが長くてバテる

TZ1080754.jpg
やっと斜面が終わり

TZ1080756.jpg
弥陀ヶ原と呼ばれる平地に

TZ1080757.jpg
恵那山の標高を越えました

TZ1080758.jpg
ガスの中から現れたのが室堂ビジターセンター 今日はここに宿泊します

昼過ぎに着いたんですが、その頃から霧雨に

明日の天気も悪そうでしたので今日の内に頂上を目指す方も多かったんですが、私はさっさと着替えてしまったので明日登頂することにして休息

宿泊用の荷物でいつもよりザックが重かったのもありますが、けっこう疲れました


続いて二日目です

山頂から御来光をおがむために暗いうちから行動を開始する方も多かったんですが、私は行程の都合上最初から御来光は見ないつもりだったので朝はゆっくり

とはいえ、昼から雨の予報でしたので、7時半に登頂開始

室堂にある白山神社の社殿の脇から山頂を目指します

TZ1080759.jpg
雨は降ってませんでしたがガスで何も見えやしません

TZ1080763.jpg
室堂から300mほど登るとやがて見えてきたのが…

TZ1080764.jpg
白山神社奥宮

TZ1080765.jpg
そのすぐ横が御前峰山頂(2702m)

TZ1080766.jpg
三角点ゲットだぜええええええええええええい!!!!(笑)

TZ1080767.jpg
室堂方面 何も見えやしません

TZ1080768.jpg
多分崖になってると思うんですが…

白山は、御前峰、剣ヶ峰、大汝峰の3つの山から成っているんですが、一応最高峰の御前峰が白山の山頂

ほとんどの方は登った道を室堂の方へ下られるんですが、せっかくなので北側にある剣ヶ峰、大汝峰の方へ

TZ1080769.jpg
誰かが積み上げたみたいな岩

TZ1080770.jpg
こちらは人間が積んだものですね(私も一つ載せておきました 笑)

このルートはお池めぐりコースと呼ばれていて、いくつか池が見られるはずなんですが…

TZ1080771.jpg
多分このあたりが池のはず

TZ1080773.jpg
岩の間を進みます

TZ1080774.jpg
けっこう雪が残ってます

TZ1080776.jpg
地層みたいな岩

TZ1080777.jpg
やっと池が見えました(血の池)

剣ヶ峰へは道が無くて登山禁止になっていますので、大汝峰の方へ

ちなみに白山一帯は国立公園になっていますので登山道から外れることは禁止になっています

TZ1080778.jpg
大汝峰への登り 最初ちょっとした岩場があります

TZ1080779.jpg
こちらが大汝峰山頂(2684m) 三角点は無し

TZ1080780.jpg
石垣の中には大汝神社

TZ1080781.jpg
南側の眺望 池やら剣ヶ峰やら御前峯が見えるはずなんですが…

大汝峰を下って室堂の方へ戻ります

TZ1080782.jpg
大きな雪渓

TZ1080783.jpg
こっちの方に剣ヶ峰が見えるはずなんですが…

TZ1080785.jpg
小さな池が見えました

TZ1080786.jpg
お、ちょっとガスが晴れてきました

TZ1080787.jpg
雪渓もはっきり

TZ1080788.jpg
さっき登った大汝峰が

TZ1080790.jpg
一瞬きれいに見えましたがすぐまたガスの中へ

TZ1080793.jpg
池もはっきり見えます

TZ1080797.jpg
こちらが剣ヶ峰

TZ1080801.jpg
下の方も見えるようになってきました

TZ1080802.jpg
だんだん天気が良くなってきました

TZ1080804.jpg
お花がいっぱい

TZ1080805.jpg
ハイマツ

TZ1080807.jpg
室堂方面

TZ1080810.jpg
御前峰が見えてきました

TZ1080811.jpg
山頂の奥宮

TZ1080813.jpg
素晴らしい景色

TZ1080814.jpg
昨日はガスで何も見えなかった弥陀ヶ原方面

TZ1080816.jpg
大きな雪渓

TZ1080817.jpg
融けた水で道が水浸しのところも

TZ1080818.jpg
室堂に戻ってきました

今日は室堂の南にある南竜山荘という山小屋に泊まる予定

ここ室堂の食堂でお昼を食べてから向かえば十分なんですが、お天気が変わらないうちに先に進もうと携行食だけでさっさと先へ進みます

TZ1080819.jpg
室堂から南竜へ向かうルートはいくつかありますが、展望歩道と呼ばれるルートへ

TZ1080820.jpg
南の方は雲がかかってます

TZ1080824.jpg
御前峰を振り返って

TZ1080832.jpg
アルプス展望台 ここからアルプスが見えるはずなんですが…

TZ1080829.jpg
残念ながらアルプスは雲の中 下に見えるのは白水湖

TZ1080834.jpg
来た方向を振り返って

TZ1080837.jpg
南竜ヶ馬場が見えてきましたがまだまだ遠い

TZ1080838.jpg
柳谷と呼ばれる谷筋を巻いて下ります

TZ1080839.jpg
道はやがて木道にかわり…

TZ1080840.jpg
本日の宿 南竜山荘へ

お腹が空いていたのでカップラーメンを買って食べてしばしまったりした後…

TZ1080841.jpg
自然観察会に参加

周辺に咲いているお花についていろいろ教えていただきました

TZ1080845.jpg
夕方 

今日は予報と違って良いお天気になりましたが、明日はどうなることやら…


続いて三日目

TZ1080846.jpg
朝起きたら雨が降ってました

しばらく様子を見ましたが、強くなったり弱くなったりで回復する兆しはなし

本当は、南竜から南にある別山に登って車を停めた白山温泉までくだるつもりだったんですが、距離も長いので悪天候の中では厳しいと判断して登った道から別当出合に下山することに

もっとも、けっこう脚に疲労が溜まっていたのでお天気が良くても厳しかったと思います(ここらの判断が単独行では重要)

TZ1080847.jpg
甚之助避難小屋

TZ1080848.jpg
中飯場

土曜日だからか雨だというのに登ってくる人がいっぱい

軽装の人も多くて、中には雨具もなしで濡れっぱなしの人もいたんですが、上は気温が低いので風邪ひくんじゃないかと心配になります

と、人の心配より自分の心配(苦笑)

雨で濡れて滑りやすくなっている上に膝も痛くなってきてふんばりがきかないのでゆっくり慎重に下ります

TZ1080850.jpg
下ることしばし 見覚えのある吊り橋が…

TZ1080851.jpg
別当出合に戻ってきました

TZ1080852.jpg
シャトルバスで白山温泉まで 駐車場は満車でした


ということで、無事白山登山も終了

山登りを始めて1年あまり、2500mを越える山に登ることができて山小屋泊の体験もできて大満足

台風に振り回されましたが、お天気の方は思ったよりも良くて文句は言えません(笑)

ただし、やはり体力的な部分でまだまだ課題が多いことを実感しましたので、ここからさらにステップアップしていくためにはもっと修業を積まなくてはなりません


ちなみに、今回2つの山小屋に登ったんですが、室堂の方は最大700人も収容できる施設でとりあえず人が多い(笑)

南竜山荘の方はこじんまりした印象で人が少なめで静かでいいと思います

食事はどちらも似たりよったりで中身の割に値段が高いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが山の上だということを考えれば文句は言えないんじゃないでしょうか

大きな違いはトイレ(笑)

室堂は簡易水洗のぼっとん式(和式)だったんですが、南竜山荘にはなんと洋式水洗の洗浄式トイレ(しかも温便座)が完備されていました

このあたりは、施設の大きさの違いであるとか、水の確保の問題とかが絡んでいるのでどちらが良いとか悪いとかは一概に言えませんが個人的にはポイントが高かったです(笑)

あと、室堂は携帯の電波(ドコモ)は余裕で入ってましたが、南竜の方は一切電波なしでした


次の目標は3000m越えですが、日本にある3000m峰は全部で21座

中には乗鞍みたいに2700mの畳平までバスで上がれちゃうお手軽な3000m峰もありますが、それはどうなのかと…(笑)

やっぱり苦労して登ったという達成感の部分が大きいのでなるべく標高の高い登山口は避けたいところです

かといって、最初から歩くとなると時間も労力もかかりますので、そこらへんの兼ね合いが難しい

また、さすがに3000mを越える山は技術的にも難易度が高くなってきますので、そこらへんも課題になってきます

ま、いずれにせよこうやってああでもないこうでもない計画を練っているのが一番楽しいわけです(笑)


オマケ

お花コレクション

TZ1080729.jpg

TZ1080737.jpg

TZ1080738.jpg

TZ1080743.jpg

TZ1080744.jpg

TZ1080745.jpg

TZ1080746.jpg

TZ1080747.jpg

TZ1080748.jpg

TZ1080751.jpg

TZ1080755.jpg

TZ1080760.jpg

TZ1080761.jpg

TZ1080762.jpg

TZ1080775.jpg

TZ1080799.jpg

TZ1080822.jpg

TZ1080823.jpg

TZ1080836.jpg

TZ1080842.jpg

TZ1080843.jpg

ほんといろんな花が咲き乱れてました
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ズバッチ

Author:ズバッチ
ズバッチです。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR