車中泊で行く播但遠征③(山に登る32)

いよいよ最終日です

今日は帰りのことも考えてのんびりしていられません

ということで5時起床、朝御飯を食べて6時過ぎに出発

国道9号線を西に向かい、山田風太郎記念館のある関宮から県道87号線でスキー場として有名な鉢伏高原を目指します

TZ1080229.jpg
ドーン!

今日登るのは、兵庫県最高峰の氷ノ山で標高は1510mと伊吹山を越えて自己最高標高

ただし、登山口の標高が600越えてますので標高差はそれほどでもありません

TZ1080230.jpg
登山口の福定親水公園 6時半頃でしたがもう先客が


7時前に出発して山の中へ

TZ1080231.jpg
最初は河原の中を歩きます

TZ1080232.jpg
布滝

TZ1080236.jpg
不動滝 別名「く」の字滝

TZ1080237.jpg
木の間から氷の山がチラ見え 雪がいっぱい残ってます

TZ1080238.jpg
可愛らしいお花が

TZ1080239.jpg
連樹って何?と思ったら

TZ1080240.jpg
ということだそうです

TZ1080241.jpg
避難小屋?

TZ1080242.jpg
地蔵堂でした

TZ1080244.jpg
鉄の階段が登場 何気に沢の渡渉も注意です

TZ1080245.jpg
標高が上がるにつれて雪が目立ちはじめました

TZ1080246.jpg
山頂 何かがポチっと出てますね

TZ1080247.jpg
やがて現れたのが氷ノ山越しにある避難小屋

TZ1080248.jpg
中はこんな感じ


TZ1080249.jpg
山頂はまだ先

TZ1080250.jpg
尾根筋の道を2kmほど歩きます

TZ1080252.jpg
雪の上を歩かなければならないところも

TZ1080253.jpg
北側の眺望 鉢伏山とハチ高原

TZ1080254.jpg
山頂まではまだまだ遠い

TZ1080255.jpg
ちょっとしたガレ場

TZ1080256.jpg
南側の眺望

TZ1080257.jpg
こしき岩 上に登れるそうなんですが自重しました(笑)

TZ1080258.jpg
ちょっと危険なトラバース

TZ1080259.jpg
氷ノ山越しの避難小屋がはるか彼方に

TZ1080260.jpg
やがて見えてきたのが…

TZ1080261.jpg
氷ノ山山頂の避難小屋

TZ1080262.jpg
三角点ゲットだぜええい!!!

山頂からは360度のパノラマ

TZ1080263.jpg
西側

TZ1080264.jpg
南側

TZ1080265.jpg
東側

TZ1080266.jpg
北側

お天気はよかったんですが、風がきつくて落ち着かないので避難小屋へ

TZ1080267.jpg
中はこんな感じ


御飯を食べてらっしゃる方もいたんですが、時刻はまだ10時半ということで、休憩だけして下山開始

東側にのびる尾根から下ります

TZ1080268.jpg
途中にある神戸大学の山小屋

しかしながら、この東尾根、雪がいっぱい残っていて登山道が完全に埋まっていて道が分からないところだらけ

他人の足跡をたよりに進むんですが、けっこうみなさん好き勝手なところを歩かれてますので過信は禁物

と言いながら自分も間違った足跡つけてしまいました(申し訳ない)

雪が融けたところも雪解け水で川になっていたりドロドロで滑りやすくなっていて気をつかいます

TZ1080270.jpg
ヒヤヒヤしながら下ることしばし やっとまともな登山道に

TZ1080271.jpg
天国のような尾根筋(笑)

TZ1080272.jpg
やがて見えてきたのが東尾根避難小屋

TZ1080273.jpg
こちらはあまり使われていないのかきれいでした

避難小屋からは斜面を下って氷ノ山国際スキー場の方へ

ただし階段だらけで最後の最後にきて膝に堪えます


膝を騙し騙し下ること暫し…

TZ1080274.jpg
スキー場まで降りてきました

TZ1080275.jpg
ここからは舗装された道を歩きます

TZ1080276.jpg
親水公園まで戻ってきました


氷ノ山は去年9月に思い立って山登りを始めてからずっと登りたい山だったんですが、京都からは少し遠いのと体力的に心配な部分もあって今まで先延ばしにしていました

お天気にもめぐまれた中、今回やっと登ることができて大満足

とはいえ車中泊での三日連続の山登りで最後に過去最高標高の高さの山

正直ちょっと脚のダメージが心配だったんですが、1週間前に登った藤原岳よりも登りやすくて助かりました

次は2000m越えが目標です(笑)


さて、時刻は12時過ぎということでお昼を食べてもいいんですが、やっぱり帰りの渋滞のことが気になりますので、食べるものも食べないで帰ります

ナビは播但自動車道から中国道にまわるルートを指示しましたが、いつもの宝塚あたりが混むのがいやだったので、国道9号線で福知山まで行き、舞鶴若狭自動車道から京都循環道へ抜けてそのまま京都へ

途中ずっと「横風注意」の表示は出ていて、実際ハンドル取られそうになることもありましたが、渋滞に巻き込まれることはなく順調に進み、無事15時半頃自宅に帰りつきました


車中泊で連泊しながらの登山という初めての試みだったんですが、思ったよりうまく行って結構充実した遠征となりました

これで、もっと遠くのいろんな山にも挑戦できる目途が立ちます
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ズバッチ

Author:ズバッチ
ズバッチです。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR