山に登る⑩

この週末はお天気も良くて気温も高目、絶好の行楽日和となりました

昨日金曜日にお休みがもらえたので、急遽山に登ることに(笑)

朝6時前に出発し、名神から新名神へまわり、四日市ICで降りて西へ向かいます

TZ1060631.jpg
菰野 予報では晴れだったんですが雲がかかってます


今回登るのは滋賀県と三重県の間の鈴鹿山脈の主峰、御在所岳

今年中に登っておきたいと思っていた最後の山です

TZ1060632.jpg
湯の山温泉に車を停めてスタート

TZ1060633.jpg
御在所岳は標高1209m

スタート地点の湯の山温泉の標高が350mほどですから標高差は900m弱

数字だけで見れば先週の伊吹山よりは楽そうなんですが、これがなかなかの曲者です(笑)

TZ1060637.jpg
初めは県道577号線を登ります

TZ1060642.jpg
湯の山温泉もいい感じに寂れてます

TZ1060644.jpg
鈴鹿スカイラインの手前から山道に

TZ1060645.jpg
今回登るのは中道と呼ばれる最も人気の高いルート


御在所岳は別名、岩の殿堂とも呼ばれていて山中には巨岩、奇岩がいっぱいです

TZ1060647.jpg
いきなり岩の道

TZ1060650.jpg
三合目の分岐 ここを過ぎると…

TZ1060651.jpg
ロープウェーの下をくぐります

ちなみにゴンドラはけっこう引っ切り無しに運行してます

TZ1060654.jpg
大きな岩が現れ始めました

TZ1060656.jpg
おばれ岩 岩の間をくぐることもできます

TZ1060659.jpg
五合目 このあたりからが御在所岳の本領

TZ1060661.jpg
御在所のシンボルともいえる地蔵岩

TZ1060662.jpg
誰かが載せたとしか思えません(笑)

TZ1060664.jpg
六合目のキレット

これを越えて一旦少し下るんですが…

TZ1060665.jpg
鎖場です

TZ1060666.jpg
梯子も登場

このあたりから両手両足をフルに使わないといけなくなりますが、太田神社にお参りした私には隙はありません(笑)

TZ1060668.jpg
しかし大きな岩だらけの急登はさすがに堪えます

TZ1060671.jpg
菰野の眺望が開けてきました

この後、藤内壁と呼ばれる岩壁を少しだけ巻くんですが、一瞬ちびりそうになる処があります(びびって写真撮るの忘れてました 苦笑)

TZ1060674.jpg
藤内壁を越えると現れるのが…

TZ1060675.jpg
富士見岩

富士見というぐらいですから条件が良ければ遠く富士山が望めるらしいんですが、めったに見られないそうです

TZ1060676.jpg
南側 とんがっているのは鎌ヶ岳

TZ1060677.jpg
湯の山温泉が見えてます


ここまで来れば山頂はもうすぐ

TZ1060678.jpg
スキー場の向こうが山頂です

TZ1060681.jpg
苦闘すること3時間あまり 頂上に到着

TZ1060682.jpg
三角点ゲットだぜい!

TZ1060683.jpg
三角点の先に望湖台と呼ばれる展望所があるんですが…

TZ1060684.jpg
ちょっと霞んでました

TZ1060685.jpg
樹が白っぽいと思ったら…

それもそのはず、頂上付近の気温は零度(手持ちの温度計で)

晴れ間は出ましたが風がきつくて寒い寒い


凍えながらお昼を食べてさっさと下山します

TZ1060680.jpg
帰りは左の国見岳の方へ

TZ1060687.jpg
険しい岩壁を見ながら下り国見峠から裏道と呼ばれるルートへ

TZ1060690.jpg
北谷と呼ばれる谷筋を下るんですが大きな岩がごろごろ

TZ1060695.jpg
藤内壁への分岐

TZ1060696.jpg
あの上あたりを少しだけ巻きました

TZ1060699.jpg
この谷は2008年の土石流で埋まってしまったそうです

TZ1060702.jpg
藤内小屋 まだこのあたりで半分ぐらいです

この後もずっと谷筋をくだるんですが

TZ1060704.jpg
こんな木橋や…

TZ1060708.jpg
こんな鉄橋をいくつか渡りますが微妙に揺れていてちょっと怖い(笑)

TZ1060714.jpg
こんなきれいな淵を見ながら下り

TZ1060715.jpg
鈴鹿スカイラインの下をくぐり

TZ1060716.jpg
蒼滝不動へ

ちなみに近くに蒼滝という立派な滝があるそうなんですが、上り下りがけっこうきつそうなんでパスしました(苦笑)

TZ1060717.jpg
ここまで来ればゴールは近い

TZ1060718.jpg
裏道の登山口

TZ1060719.jpg
駐車場まで戻ってきました


御在所岳は噂通りの岩だらけの山で登りも下りも両手両足をフルに使わされ全身が疲れましたが、とにかく景色も変化に富んでいて楽しいの一言

TZ1060722.jpg
先週の伊吹山よりも疲れましたが心地の良い疲労でした

平日で紅葉も終わりということで、登山者も観光客も少なかった分他人に気兼ねをすることなく思う存分御在所岳を堪能

今日土曜の方がお天気は良かったと思いますが、おそらく人はいっぱいだったんじゃないかと思います


来週からは気温が低くなるようですので、そろそろ滋賀県近辺の高い山は厳しくなりそうですので暖かくなるまではしばらく低めの山で経験値を積みたいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ズバッチ

Author:ズバッチ
ズバッチです。
コメント歓迎です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR